スポーツジムで指輪をしたままトレーニングをしても大丈夫?

スポーツジムに行くと指輪をしたままトレーニングをしている人を見かけることがあります。トレーニングの内容によっては指輪をしていても大丈夫なのですが、そうではない時もあります。また、トレーニング中に指を怪我し時などに指輪をしていることで最悪の事態を招いてしまうこともあるので、トレーニングの内容に関わらず指輪は外しておいた方が無難と言えます。


ウエイトトレーニングの時には指輪を外した方が無難

筋力トレーニングの時にも指輪は外した方がフォームを崩すことなくトレーニングを行うことができますが、筋力トレーニング以上に指輪を外した方が無難なのがウエイトトレーニングです。ウエイトトレーニング行ってもベンチプレスの時に使用するベンチプレスバーやダンベルを使用する時に使うダンベルバーのようなバーを使用しない肩で担ぐ系のウエイトトレーニング、例えば、カーフを鍛えるカーフレイズや補助程度しか手を使うことがないレッグプレスなどは指輪をしていても、してなくても特に変わりはないです。

しかし、ダンベルを使ったプレス系のトレーニングとなると話は別になります。ベンチプレスバーを使用するベンチプレスは基本的にはバーを握りませんが、ダンベルの場合はしっかりとダンベルバーを握ります。指輪をしていることで手とダンベルバーの間に微妙な隙間ができてしまいます。

レップ数を重ねると握力は当然落ちていくので、微妙な隙間があるとダンベルを落としてしまう可能性が高まってきます。さらに、この微妙な隙間を埋めるために無意識のうちに余計な力が手に入ります。筋肉は全てつながっているので手に余計な力が入ると他の筋肉にも余計な力が加わることになり結果的にフォームが崩れトレーニングの効果が半減以下となってしまいます。

ウエイトトレーニングを行っても効果がでない大きな原因はフォームの崩れと間違いです。ウエイトトレーニングは指輪をして行えるほど甘いものではないので、本格的に体作りをしたいのであればウエイトトレーニングに邪魔となるものは取り除いてから集中してしっかりと正しいフォームで行うことが非常に大切になります。

指輪をしてワンハンドローイングを行うならリストストラップの着用を

ダンベルを使用して行うワンハンドローイングのようなプル系のトレーニングを行う時にも、指輪を外した方が無難です。理由はレップ数を重ねるごとに握力が低下しダンベルを落としやすくなるからです。でも、どうしても指輪を外したくないのであればリストストラップを使用することでダンベルを落としてしまうという事態を回避することができます。

リストストラップを使うことで握力をあまり使う必要がなくなります。つまり、ダンベルバーを力一杯握る必要がなくなるわけです。ウエイトトレーニングは基本的に使用している部位以外の筋肉にあまり負荷をかけないことが大切になります。

ワンハンドローイングは広背筋下部の筋肉を鍛えるためのトレーニングですが、指輪をして行うことでダンベルバーを落としやすくなるので余計な力が手に入ります。この余計な力が手に入った時点でトレーニングの効果は半減以下になります。

リストバントを持っているのであれば使用した方がとレーニン効果は高まります。持っていないのであれば指輪を外してトレーニングを行った方が危険を回避することもできるし、トレーニング効果を高めることもできます。

指輪をしているとやりづらいWバーを使用したアームカール

指輪をしていると非常にやりづらいウエイトトレーニングの1つにWバーを使ったアームカールがあります。Wバーのアームカールは基本的には人差し指と親指の間の股のところでバーを支え、バーを下げ上腕二頭筋を伸ばす時にはそのまま腕を伸ばし逆に、バーを引き上げる時には上腕二頭筋を縮める時には腕を内側から外側に絞るようにして引き上げます。

この引き上げる時に指輪をしているとWバーと手の間に微妙な隙間ができてしまうため余計な力が必要となり結果的にフォームの崩れへとつながります。フォームが崩れるとトレーニングの効果は皆無です。筋肉を限界まで追い込むような本格的なトレーニングをしているのであれば尚のこと指輪は外すべきです。

ウォーキングやランニングの時も外した方がいい?

ウォーキングやランニングでも手を怪我しないという保証は全くないので、もしもの時のことを考慮するなら指輪は外しておいた方がいいと言えます。しかし、怪我をすることを想定してウォーキングやランニングをする人たちは皆無に近い状態なので結論を言うと自己責任でということになります。

トレーニングジムでトレーニングを行う時には、どのような事態が起こるのかは予測不能と言えます。予測不能が故に、万が一の怪我の要因となりそうなアクセサリーは外しておいた方がいいということです。頭の片隅に置いておくことで万が一を回避することができます。

指輪をしていると捻挫や突き指の時が大変

スポーツジムに本格的なトレーニングや健康維持のために通っている人は意外と多いです。《参考情報 ... メガロス ... ジム

そんな中、既婚者の男性や女性は指輪をしたままトレーニングをしている人をよく見かけることがあります。安全面から見るとウォーキングやランニング、ウエイトトレーニングなど、どのような運動をするにしても指輪は外しておく方が無難と言えます。

理由は、100%怪我をしないという保証がないからです。指輪をしている時に突き指や捻挫をすると、かなりツライ思いをしなくてはならなくなります。怪我をすると当然、炎症が起こるので指は腫れてきます。指輪をしていないと指が腫れて痛い、痛いで済むのですが、指輪をしているとそうはいかないから大変です。

指輪をしている状態で指が腫れてしまうと当然、指は元の状態よりも大きくなっているので指輪は抜けませんし、指輪で圧迫されて血液の流れが悪くなってきます。指の血の気引き青ざめてきたらかなり危険な状態なので切断する必要があるのですが、指を切られそうで非常に怖いです。

突き指や捻挫をした時に早急に指輪を外すことが解するための方になります。また、怪我をした時には冷やして炎症を抑制することが後の怪我の回復に大きく関わってきます。指輪って怪我に全く無関係のように思えるのですが、そんなこともないところが指輪の恐ろしいところです。

綺麗な花には棘がある、まさに人を魅了する指輪にも当てはまることわざでもあります。

思わぬ事故や怪我の要因となってしまうことがあるので指輪に限らず、その他のアクセサリーも外してからトレーニングすることを非常におすすめします。

スポーツジムに必要なものを先取り!展示会から分かった大事なこと!